鉄道298号線入口

鉄道模型趣味に道があるとすれば、その正体は途轍もない拘りとロマンなのだろう。

乗り鉄だったらこの路線は! 後編

どうもー。外出時に音楽を効く際はヘッドホンを使っていましたが、
最近暑くて敵わないので、イヤホンに変えました。TsukubaLinerです。
無線イヤホンも安価になってきましたのでありがたいです。

さて、本日の記事は前回の続きです。名古屋方面の旅程を綴っていきます。

 

2日目は飯田より出発。

飯田の街から撮影

 

飯田からは豊橋まで一本で行く列車もありますが、
それに乗らずとも、途中駅での乗り継ぎはスムーズで案内もしっかりしているので
特に問題は生じません。乗り鉄って、乗車計画を立てるところに経験の差が出るのですが、いざ乗ってしまうと特に素人・玄人関係ないです。しいていえば遅延等のイレギュラー時の対応に差が出るくらいかな。

飯田駅のかわいい駅舎

213系に乗車!

ドア間の長いこと!

飯田    09:58発

豊橋    12:31着

 

前回記事では、進行方向左側の景観が良いことを書きましたが、
飯田から、とりわけ天竜峡からは進行方向右側の景観がよろしいです。

山の中を川に沿って走るわけですが、これはやはり山を越えるどのローカル線も同じ事情ですね。技術が未熟な時代では、山に長大なトンネルを通せないので、比較的勾配の緩やかな川縁に線路を敷きます。それでも勾配がきつい場合は、あえて遠回りをさせることで、勾配を緩やかにして高度を稼ぎます。こうすることによって、最短ルートではありませんが、も線路を敷いて鉄道を通せますが、時間はかかります。芸備線が廃止の俎上に上がっているのも、こんな事情で不便な路線になってしまっていることが一因として挙げられます。

 

豊橋からは名鉄に乗車。今回、名古屋・豊橋間は名鉄で往復する予定で、その内片方をパノラマカーにする予定です。往路は鉄道模型フェスティバルに急ぎたかったので、最速で乗れる特急に乗車しました。

豊橋    12:45発

名古屋    13:38着

 

鉄道模型フェスティバルでは欲に収穫はなかったのですが、まぁこちらは単なるついでです。さっと見てさっと引き上げました。おやつを食べつつ、お土産屋さんもウロウロして、滞在は2時間程度でした。

 

ここでようやく関東に帰ります。まずは豊橋に戻るので名鉄パノラマカーです。

豊橋到着後、下車して撮影

休日ということもあって、展望車はほぼ満席でした。
予想はしていましたが、子供連れが多いですね。
なのでゆっくりできるかは、親御さんの腕(常識?マナー?)次第ということですねw

 

車内設備に触れておくと、座席も狭いし、シートピッチも微妙です。普通列車よりかはさすがにいいけど、最近の特急としてはグレードは高くない印象でした。
展望車は若干ハイデッカー状になっているので、高い位置から前面を見られるのですが、前に背の高い人が来られるとちょっと残念な感じになります。(これは名鉄の責任じゃないから仕方ないけど・・・・。)

一応乗っておきたかったので乗りましたが、リピートはないかな・・・。


名古屋    15:33発

豊橋    16:26着

 

豊橋では適当な新幹線を掴まえて東京に戻りました。

券売機にしろ、スマートExにしろ、東海道新幹線JR東海が力を入れているだけあってとにかく便利でよいです。

 

と、こんな感じで1泊2日の旅行は終了です。
旅程の大半は飯田線の完乗だったわけですが、実は東京から飯田線普通列車乗り通しに行くだけなら日帰りで可能です。東京・豊橋間は新幹線、岡谷・東京間は特急「あずさ」を使えば、どちら廻りでも問題ないです。

ただそれだといずれかの路線の遅延が命取りになること、飯田線内での寄り道はほぼ不可能なことから、私は保険をかける意味で1泊2日としました。ここは人それぞれ考え方の問題になるので、参考にする場合は適宜判断いただければと思います。

 

本日の記事は以上でーす。

 

Yahoo!ショッピングの購入は
複数キャンペーンのコンボで大幅割引も狙えるかも!






いつでも便利なAmazonはこちら!



最近のTsukubaLinerと当ブログの近況はこちらからどうぞ!
(ページ下部に最新記事が並んでいますよ!)


PVアクセスランキング にほんブログ村

鉄道模型の製品購入や整備方法は各模型ブログが参考になるかも!?
お気に入りのブログを見つけて最新情報を手に入れましょう!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

乗り鉄だったらこの路線は! 前編

どうもー。JR東海で新型の315系が導入されることに伴い、
押し出しで211系0番台が運用を離脱したそうです。

これで国鉄の香りを感じられるJR東海の車両は211系5000/6000番台、
213系くらいとなりました。
(製造は民営化後ですが、そのベースは国鉄車となっています。)
だったら乗りにいかなければ!ということで思い立ったのがこの旅行です。

 

今回の目的は以下です。

飯田線完乗
211系5000/6000番台は現在、飯田線にて運用されています。
だったらついでに完乗しちゃおうと思います。

 

②213系に乗車する
211系は以前の旅行で既に乗車していたのですが、
213系は乗車の経験がなかったので、乗っておきたいです。
211系の顔して、2ドアの車両というのは、関東在住の私からすると新鮮です。

 

③ぽちフェスティバル(名古屋)に出撃する
これは①と②のついでです。
せっかく豊橋まで行くなら名古屋まで行って見に行ってきます。

 

名鉄パノラマカーの展望車に乗ってみる
これは③のついでです。いつもは新幹線で通り過ぎるので乗らないのですが、
良い機会なので乗ろうと思います。
ちなみに特別車の新型は展望車ではないので、実はもう絶滅危惧種だったりします。


旅程はある程度しっかり書いていくので、参考になれば幸いです。

 

ということで1日目です。始まりは高尾駅です。

高尾駅には9:00に着くように乗り継いできまして、朝食をとりました。
(ちなみに、切符は100km以上の乗車券を購入しているので、途中下車し放題です。)

朝食後、高尾からは中央線で東へ向かいます。

 

高尾    09:57発

岡谷    13:23着

 

岡谷では中央本線が分岐します。みどり湖を経由する新線と辰野を経由する旧線(辰野支線)です。どちらも名義上は中央本線なので、中央本線の完乗を計画される方は、辰野支線を忘れぬよう気を付けてください。

 

岡谷から辰野支線に折れていき、そのまま飯田線に入ります。

 

岡谷    13:30発

飯田    15:49着

 

ちょうど休日の昼過ぎあたりだったのですが、特に学生が多かったですね。
一時期土曜日は完全に休日になりましたが、今は土曜日もあるんでしたっけ?

山中の沿線都市に到着するたびに徐々に客は減り、最後は1両に数人になりました。
車窓はさすがに走行エリアからし雄大でしたが、山の縁に沿って走るので、進行方向右側はほぼ斜面でした。逆に進行方向左側はほぼ雄大な眺めを楽しめました。
車内は途中からガラガラだったので、私は席を移動してどちらも楽しみました。

元善光寺駅で撮影

これまだ現役みたい

飯田でホテルにチェックインして、周辺の元善光寺に行ってみました。

ここは「元」の字がつくように、昔は善光寺でしたが、長野にこれが移ることとなり、こちらは元善光寺と呼ばれるようになりました。長野の善光寺と、こちらの元善光寺の両方に参拝してこそ~、なんて巷では言われることもあるのですが、
御利益の有無を信じる・信じないは皆さんそれぞれがどう思うかかと思います。

個人的な意見ですが、寺院とは自身の願いや状況を「表明」することで、
そのやりたいこと、なりたいものにどのくらい近づいていて、今後どうすればそうなれるのかを客観視する場だと捉えています。(僅かな賽銭で何でも叶うほど世の中甘くない。)

寺院の中にある教えや戒めはそうして頑張るための、助言や道標だと思っているので、
よく見てくるようにしています。特に「つもりちがい十ヶ条」はなるほどと納得する内容でした。


さて、最後の方は話が脱線しましたが、1日目はこれで終了です。
実はこの近くにできるはずのリニア駅の工事状況も気になったのですが、
まだ目に見える形で出来上がってはいないようですね。また今度にしましょう。

 

Yahoo!ショッピングの購入は
複数キャンペーンのコンボで大幅割引も狙えるかも!






いつでも便利なAmazonはこちら!



最近のTsukubaLinerと当ブログの近況はこちらからどうぞ!
(ページ下部に最新記事が並んでいますよ!)


PVアクセスランキング にほんブログ村

鉄道模型の製品購入や整備方法は各模型ブログが参考になるかも!?
お気に入りのブログを見つけて最新情報を手に入れましょう!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

製品レビュー:TOMIX「97948」E231系常磐線 横須賀色

どうもー。梅雨とは思えない暑さですね。外出が億劫になりますよ。

さて、本日はこちらをレビューです。

■メーカ TOMIX
■品番  97948
■製品名 特別企画品 JR E231-0系通勤電車(成田線開業120周年ラッピング)


今年の始めの方に発売された常磐線E231系の横須賀色ですね。
以前成田線の成田・我孫子間(我孫子支線)を走っていた113系横須賀色をオマージュした塗装です。現在こそ、常磐線E231系が担当する同路線ですが、以前は総武本線113系が使用されていました。それ以前はキハ17とかになりますが、さすがにそのオマージュはやらないみたいですね。

 

では早速レビューです。まず顔。

全体としてはTOMIXから出ているE231系から特に変わった点はありません。
しいて言えば、前面から側面へ続く帯のズレはなくなりましたね。
しかしこれは進歩・・・・ではなくて、標準の水準になっただけですけど。

帯の色は明るいです。色合いは特に文句はないです。
E217系に現在採用されている所謂「新色」になります。
113系E217系の登場時に採用されていた旧色はもう少し暗めな色です。

スカートの足は成型の関係でスカートと同じ白色になっていますが、ここは黒が正解です。マジックで塗れば解決しますが、車両のお顔(前面部)はよく見る部分だけに、しっかりとやってほしいものです。

 

次に側面。

帯のズレはなく、色も特に問題なし。表記は車番のみです。特定編成なので、車番を打ってくれているところはありがたい。
ちなみに、通常の塗装のE231系ですと、クハの帯にJRマークが入りますが、この編成には入らないで正解です。(実車通り)

 

屋根です。

実車が簡素なので模型も簡素ですよね。簡素だけに構造物の一つ一つは目立ちます。
クーラーは程度な質感が良いです。
例えば、TOMIXE217系の初期ロットに付いていたクーラーなんかもうギラッギラでしたから、それと比較すると落ち着いていてよいです。

ラジオアンテナは屋根と同色です。2010年代中盤から白から塗り替わっています。


総合評価です。

★評価 80点(80点が標準)
■造形 ★★★★☆ 16点:特に不満なし!
■塗装 ★★★★☆ 16点:スカートの件はありますが、許容範囲でした。
■機構 ★★★★☆ 16点:特に不満なし!
■付属 ★★★★☆ 16点:特に不満なし!
■其外 ★★★★☆ 16点:特に不満なし!

 

以下、余談です。

実はこのセット、3セット購入しています。
離合をさせたい・・・・わけではなく、長くしたいんです。

具体的には、11両編成の総武快速横須賀線の編成を、このE231系で組成したいのです。その組成については別の記事で触れることとします。

 

以上です。

 

Yahoo!ショッピングの購入は
複数キャンペーンのコンボで大幅割引も狙えるかも!






いつでも便利なAmazonはこちら!



最近のTsukubaLinerと当ブログの近況はこちらからどうぞ!
(ページ下部に最新記事が並んでいますよ!)


PVアクセスランキング にほんブログ村

鉄道模型の製品購入や整備方法は各模型ブログが参考になるかも!?
お気に入りのブログを見つけて最新情報を手に入れましょう!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

旬なリバイバルを撮影!

どうもどうも。大変ご無沙汰しておりました。TsukubaLinerです。
最新の記事更新日を確認すると、2021年の9月5日ということで、
10か月程度は経過しているわけですね。
そろそろ私生活に落ち着きが戻ってきたので、更新を再開します。

とりあえず、鉄分補給の近況でも書きます。
今ホットな話題となっているリバイバル(?)色な車両たちを
見て回ってきました。

まずはE2系200系風塗装ですね。

会社に出勤中にたまたま東京駅で見かけたので撮影しました。
現在は週に1回しか出勤しない(他の日は在宅勤務)なので、
たまたま東京に出て行ったときに、たまたま停まっていた次第です。
他にも撮影者が多かったですね。私同様、スーツ姿で出勤途中な方々が多かったです。
まぁ200系風塗装は認知度が高いのでそれだけ注目の的ということでしょうか。

側面からみると、懐かしささえ湧き上がってきますが、
真正面からみると、車体の造形上、緑の面積が見えないので、
剥いたバナナの先っちょに見えました・・・・、なんかすみません。

せっかく運用が公開されているので、
乗りに行こうかなんて考えたこともありましたが、
よくよく考えると、内装は200系風ではないんですよね。
最近旅行(別に記事にします)に行ったときにE2系は乗車したので、
改めて乗車することはないかな、なんて思ってます。

 

次にE531系赤電です。

これはたまたまではなくて、半分確信犯的に会いに行っています。
ちょっと水戸方面に用事がありまして、
その日はネット上の目撃情報を午前中からずっと漁っていました。
水戸線運用が多いので、狙いはつけやすいですね。
多分この時間帯にここら辺にいれば、しれっと会えるかなぁ、
なんて見込みを付けて、友部で無事に実物とご対面です。

ステンレス車両にローズピンクは斬新でありながらも、
国鉄が続いていればありえたかもしれない、
こんなありそうでない塗装、大好きです。

この赤電とE653系国鉄色の並びがもう想像しただけでたまらないですね。
模型ではぜひとも再現しようと思います。発売告知前から購入確定だな。


おまけ。

E657系の団体運用です。この使い方をされるE657系は初めて見ました。
数両に学生が乗車していましたところからみると、修学旅行でしょうか。
編成と運用の都合なのでしょうが、10両中半分も乗車がない状態で、
随分と贅沢な車両の使い方です。

ちなみに北陸新幹線の「つるぎ」も定期運用で似たような車両の使い方をします。
運転距離が短いので数両のみ旅客に開放し、残りは清掃等が入ったり入らなかったり。


とまぁ、そんな感じでぼちぼちブログを再開していくので、
定期的に見てくれる方がいるかは分かりませんが、よろしくです。

 

本日は以上でーす!

Yahoo!ショッピングの購入は
複数キャンペーンのコンボで大幅割引も狙えるかも!






いつでも便利なAmazonはこちら!



最近のTsukubaLinerと当ブログの近況はこちらからどうぞ!
(ページ下部に最新記事が並んでいますよ!)


PVアクセスランキング にほんブログ村

鉄道模型の製品購入や整備方法は各模型ブログが参考になるかも!?
お気に入りのブログを見つけて最新情報を手に入れましょう!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

KATO新製品情報(2021/9/3発表)

どうも~。コロナの感染拡大の波が止まらない中、
いろいろなデマも同様に流れているようですね。

ワクチンが効かない!なんてただ言うだけの内容のものはまだ良くて、
中にはワクチンが実は殺人兵器だ、とか、遺伝子情報が書き換えられるとか、
というのもあるそうです。あえて笑いでも取りに行っているのか・・・?

ちなみに、今まで人から聞いたことのある中で、
一番面白かった人体系のデマは、
人の血圧の適正値は年齢に90を足せばよい、というもので、
現在巷で言われている適正値は、
薬を処方して儲けるためにあえて適正より低い値を
世の中に出している、というものです。

これに則ると、110歳だと200が適正値となるわけですが、
一般に血圧は200を超えると、頭痛の症状が始まるそうですね。
世の中こんな話が溢れているなんて、
血圧は高くなくとも、頭の痛い話です。

 

さて、遅れましたが、KATOの製品告知がありましたね。

f:id:TsukubaLiner:20210905131241p:plain

 

まずはED78です。

f:id:TsukubaLiner:20210905131258p:plain

奥羽本線で50系を牽引して遊べるED78ですね。
以前の製品の再販です。兄弟機のEF71も一緒に再販してくれると
良かったのですがね~。考えがあってあえてこうしているのか、
それとも何も考えていないのか・・・。
KATOはNゲージの老舗ですから、前者だとは思うのですが・・・。

 

次に50系客車。GUパーツと共に再販です。

f:id:TsukubaLiner:20210905131358p:plain

KATOの客車は軽いので、牽引機に負担をかけないことから、
長編成になりがちの国鉄の列車の再現では有難いです。

ただKATOの50系客車は屋根上のベンチレータが一体成型で、
これを別体化するにはGUパーツの購入が必要になります。
GUパーツの最初の発売タイミングが、50系客車の最初の発売タイミングと同じだったので、元々GUパーツありきで、あえて一体成型で作っているとしか考えらず、少々やり方があくどい気はします。

車体の表記の豊富さは魅力だったのですが、どうしてもこの点が気に入らず、
私はTOMIX製を入れました。


次にE5系新幹線とスターターセットです。

f:id:TsukubaLiner:20210905131503p:plain

E5系新幹線は再販ですが、E6系新幹線も込みのスターターセットは新発売です。
スターターセットはこれからNゲージを始める方向けで、
レールやパワーパック込みだとお得な構成になっているはずなのですが、
このお値段ではもうお得とか考える段階に至らなそう・・・。

車両のセレクト的に、子供に親が買い与える画が想像されますが、
だとしたら1月の告知ではなく、クリスマスとお年玉需要に間に合うように
売店に満遍なく流通できる11月とかにした方が良いような気はしますけどね。
(11月発売なら12月頭には間に合うし、出荷に遅延が生じても多少時期に余裕はあるし。)


次に117系です。

f:id:TsukubaLiner:20210905131640p:plain

これは順当なバリ展ですね。TOMIX国鉄色発売後に、
福知山色と阪和色を告知して、西に向かいましたから、
KATOは一旦東に向かって、同時期に同仕様発売(競作)を避けるのは
想定できた流れでした。

東海色と国鉄リバイバル色の特別企画品も魅力ありますね。
注意したいのは東海色は時代によって仕様が少し異なります。

多分画像検索で見たほうが良さそうなので、
ここで文字による説明は簡易的にとどめますが、2本帯時代ではないので、
各々どの時代の117系を買うのかを決めておいた方がよさそう。
発売次第どの仕様も買えば買い漏らしの後悔「は」しないでしょう。

 

最後にSTEAMです。

f:id:TsukubaLiner:20210905131725p:plain

最初ゲームかと思いましたよ。ジオラマを作るゲームをsteamで配信でもするのかと・・・。
なんか小学生の夏休みの自由研究を支援するかのようなキットたちですね。
これこそ夏に告知するのではなくて、夏に発売したほうが良かったんじゃ・・・・。

うろ覚えですが、高圧鉄塔はGMから昔出ていたような・・・・。関係ないか。


以上、それ今出す?だらけな告知でした。

 

Yahoo!ショッピングの購入は
複数キャンペーンのコンボで大幅割引も狙えるかも!






いつでも便利なAmazonはこちら!



最近のTsukubaLinerと当ブログの近況はこちらからどうぞ!
(ページ下部に最新記事が並んでいますよ!)


PVアクセスランキング にほんブログ村

鉄道模型の製品購入や整備方法は各模型ブログが参考になるかも!?
お気に入りのブログを見つけて最新情報を手に入れましょう!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

マイクロエース新製品情報(2021/9/1発表)

どうも~。秋に旅行を解禁しようという政府の動きがあるようですね。
まぁおそらく日本特有の責任の押し付け合いが始まって、
それに片が付けば実行に移されるのでしょうね。
ただ、昨今の調子を見る限りでは、その頃には
季節も一回りしていることでしょうから、
「今年の」秋ではなく、「来年の」秋かもしれませんねw

 

さて、マイクロエースより新製品の告知がありましたね。

f:id:TsukubaLiner:20210903230625j:plain


早速紹介していきますよ。まずは営団9000系ですね。

f:id:TsukubaLiner:20210903230639p:plain

市場からはほぼ消え去っていた営団9000系がここで事実上の再販ですね。
前回からの改良点があると同時に、注目したいのは「営団」仕様で
あるということです。

東京の地下鉄といえば、長らく営団がその規模から代名詞的な存在でしたが、
東京メトロに改名してからもう長く経ちます。
そのことから、東京メトロ仕様はよいとして、
営団仕様ってなかなかこうして製品化(再販)されることって少ないんですよね。

欲しい方は予約でしっかり確保するのがよいかと思います。
模型は大量生産するわけではないし、
必ずしも供給が需要に応えるわけでもないのでね。


次に小田急8000形

f:id:TsukubaLiner:20210903230709p:plain

GMが熱心にバリ展していますが、マイクロからも発売ですね。
背景には新5000形の運用開始や、8000形の引退があるのでしょう。

仕様は近年の仕様ではなく、ブランドマークがない、「OER」のみの時代ですね。
私はこの仕様の方が馴染みはありますが、模型はブランドマーク付きを集めています。
これはMSEとの離合を楽しみたいので、時代考証の点での選択です。

 

次に事業車です。

f:id:TsukubaLiner:20210903230742p:plain

いやぁ・・・・・マイクロらしい製品です。
旧客のバリ展は以前より盛んで、ニッチな客車製品が多かったので、
そのノウハウが詰め込まれているのでしょうね。

しかしよく資料残っていたな、というのが正直な感想です。
というのも、事業用の客車って、1両限りの改造というケースが多くて、
しかも旅客用ではないので、詳細な設計を後年まで残さないことがあるんですよね。
あとは、そもそも使用する機会が多くないので、
写真も残っていなかったりすることが多いです。

そんな中「タイプ」と銘打たずに発売するわけですから、出来が気になる製品です。
(別に嫌味ではなくて、本当に気になってます。)

ちなみにマイクロの製品で多い傾向になりますが、
腰高気味なので、KATO製とかとつなげるともしかしたら少々違和感があるかも。
改善されていればよいのですが・・・・・。

 

京成3050形です。

f:id:TsukubaLiner:20210903230840p:plain

スカイアクセス線のオレンジを纏った1世代前の車両です。
京成グループ内で兄弟車が多いです。
模型は実際に見たことがないですが、評判は良いですね。


最後にCタイプ小型機関車ですね。

f:id:TsukubaLiner:20210903230900p:plain

最近マイクロが熱心に販売していますが、売れているのでしょうか・・・・。
お値段を見ると、少し足せばファインスケールの機関車買えますよね・・・。

これはBトレインショーティーがまだ健在だったころに大々的に発売していたら
当たっていた可能性がありますよね。
というのも、Bトレインショーティーのモーターって、どうしても安定せず、
動きがぎこちなかったり、軽すぎて脱線するということが多かったです。
(それで私はNゲージ一本に絞った経緯もあります。)

Bトレインショーティーがまだ健在だったころに発売していたら、
客車製品の牽引機にうってつけだったと思います。
それこそBトレインショーティーで客車集めている方は、
機関車=マイクロ製くらいの認知をさせることも可能だったと思いますけどね。

たらればを話しても仕方がないですけどね。
ただ、Bトレインショーティーに変わる新しいショーティー製品群も
最近発売し始めていますし、今後にまた期待したいですね。

 

以上、告知でしたー。

 

Yahoo!ショッピングの購入は
複数キャンペーンのコンボで大幅割引も狙えるかも!






いつでも便利なAmazonはこちら!



最近のTsukubaLinerと当ブログの近況はこちらからどうぞ!
(ページ下部に最新記事が並んでいますよ!)


PVアクセスランキング にほんブログ村

鉄道模型の製品購入や整備方法は各模型ブログが参考になるかも!?
お気に入りのブログを見つけて最新情報を手に入れましょう!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング

キハ183系 自家製HETを作成する その一

どうも~。今日から新学期!なんていう学校が多いみたいですね。
私は健康のために散歩に出ていて、
散歩コースに近くの小学校付近が含まれているのですが、
校舎に電気がついているのを見ましたよ。
一番大変なのは気を遣う教師の方々でしょうね・・・・。


さて本日は新しい車両の整備計画の話です。
タイトルにも書きましたが、キハ183系ですね。


以前にキハ183系が欲しいなぁと思って、TOMIXのHET色を買ったんですよね。
今はリニューアルされているので、

現時点を基準にすれば旧製品ということになります。

しかし、買ったは良かったのですが、
塗料がドアの端まで廻っていなかったりして、
少々不満を覚える製品でした。外れを引いたかなぁ、
と思ってネットで調べてみたのですが、
どうやら仕様らしく、結局この不満は無視できず、すぐに売ってしまいました。

ただねぇ・・・・・、欲って怖いんですよね。やっぱり欲しいのですよ。
ということで、TOMIXキハ183系、40年近く前のスラントノーズ車を買って、
塗りなおす遊びをすることにしました。
またTOMIXキハ183系を買って残念な思いをするのも嫌だったので、
リニューアル品は買いませんでした。

 

こちらが塗装を剝がされたキハ183系です。

f:id:TsukubaLiner:20210901204530j:plain

今回は試験的な要素が強くて、
塗る順番や塗料の色合いを確認する塗装になっています。

f:id:TsukubaLiner:20210901204749j:plain

塗装中

仕上がりました!これが色差し等のタッチアップ前ですね。

f:id:TsukubaLiner:20210901204814j:plain

もうここまでやったなら実車通りのHET色目指せばいいじゃん、
と言う方もいそうですが、
窓下の青と黄緑の細帯をきれいに塗分ける自信がないので、こんな感じで編成を仕上げていきたいと思います。

 

以上、試験的な塗装でしたー。

 

Yahoo!ショッピングの購入は
複数キャンペーンのコンボで大幅割引も狙えるかも!






いつでも便利なAmazonはこちら!



最近のTsukubaLinerと当ブログの近況はこちらからどうぞ!
(ページ下部に最新記事が並んでいますよ!)


PVアクセスランキング にほんブログ村

鉄道模型の製品購入や整備方法は各模型ブログが参考になるかも!?
お気に入りのブログを見つけて最新情報を手に入れましょう!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

鉄道模型ランキング